会津若松美容室ヘアカラー トレンダーズ、女性向けソーシャルプレゼントサイト「Amaze」をオープン

  • 2012/04/23(月) 18:29:02

トレンダーズは23日、女性向けソーシャルプレゼントサイト「Amaze(アメイズ)」のFacebookアプリおよびPCサイトをオープンした。一般ユーザーの利用はすべて無料。

 Amazeは、女性をターゲットに“ドキドキするような「非日常体験」に厳選されたプレゼント企画を提供する”(プレスリリースより)というソーシャルプレゼントサイト。「モノ」だけではなく、「体験」をプレゼントするというのが同サイトの特徴で、オープン時のプレゼント企画は、「セミヌード撮影権利」や「運転手付メルセデス・ベンツを1日レンタルできる権利」「ウエディングドレス&タキシードのセットを1年以内に無料利用できる権利」など。

 「応募するのにドキドキするような非日常体験」、「自分ではなかなか手に入れることができない権利」、「当選したら人生が変わるかもしれない体験」という視点で、今後もプレゼントを随時拡充、更新していく予定。

 また、Amazeでは、応募したプレゼント企画の情報をTwitter、Facebookなどのソーシャルメディアで投稿することでポイントを得ることができる機能や、それぞれのプレゼント企画の応募数に応じた金額が日本赤十字社や日本乳がんピンクリボン運動などに寄付される仕組みも設けた。参加者が多いほどもソーシャルメディアを通じて情報が広がり、応募数が増えれば増えるほど寄付額が増える仕組みとなっている。

 サービス提供元のトレンダーズは、「女性と働くをHAPPYに」を企業理念とし、可処分所得の高い女性に特化したマーケティング事業や、女性の起業支援に特化したスクール「女性起業塾」の開講、美容情報サイト『キレナビ』の創設など、ニーズに合わせた女性向けサービスを開発してきた。女性の間でもソーシャルメディアの利用が急激に拡大していることや、モノよりも体験や感動を求める女性の心理ニーズの変化に応えるサービスとして「Amaze」を誕生させたという。

 同社では、2012年度中にAmaze会員数10万人、3年以内に会員数100万人を目標とする

原宿美容室

会津若松美容室ヘアカラー

  • 2012/04/20(金) 12:40:04

富士通、会津若松市と東北電力とともに会津若松地域の「スマートコミュニティ」事業計画策定へ

富士通(山本正已社長)は、福島県会津若松市、東北電力と協力して、会津若松地域で都市インフラをICT(情報通信技術)化する「スマートコミュニティ」の実現に向けた事業計画(マスタープラン)の策定を開始した。

 三者が共同で申請した「会津若松地域スマートコミュニティ導入事業プロジェクト」が、経済産業省の「平成23年度 スマートコミュニティ導入促進事業」として採択されたことによって、一般社団法人 新エネルギー導入促進協議会の支援の下に実施。今年9月のマスタープラン提出に向けて、具体的な活動内容を検討する。

 富士通は、昨年10月から今年3月にかけて、経済産業省の「平成23年度 スマートコミュニティ構想普及支援事業」として採択された「会津若松地域におけるスマートコミュニティの事業化可能性調査」を実施。会津若松地域で、太陽光発電や風力発電、木質バイオマス発電による再生可能エネルギーで、約15万kW以上の賦存量を確認するとともに、再生可能エネルギーの効率的活用についても検討を進めてきた。

 富士通、会津若松市、東北電力は、「福島県復興計画(第1次)」の実現のために、分散型に配置されたバイオマス発電による熱電併給による町づくりや、太陽光発電/蓄電池の導入促進、エネルギー管理センターの構築などに取り組む。(ゼンフ ミシャ)

渋谷美容室